6月

不登校6
当ブログは、アフィリエイト広告を利用しています。

6/1

休日はゲームをして過ごす。久しぶりに夜更かしをした。

5/10に植えたきゅうりが大きくなっていて初収穫を迎えた。

みそとにんにくチューブとマヨネーズを混ぜて作ったソースにつけて家族みんなで食べた。

みんなにおいしいと言われとてもうれしそう。

同じ日に植えた枝豆も実ができてきて順調に成長中。

家庭菜園やったことがなかったので無事完成してよかった。

6/2

朝お隣の奥さんから電話が来る。

サボテンの花が咲いたから見においでと。

最近次男も外に出ることが増えたから学校行ってないの気づいてるかなと思っていたからそのことを聞きたいのかなと思って向かった。

全くその話題には触れてはこないのだが、こっちも言っておいた方が楽だなと思い

1月から学校行ってないんです。と打ち明けたら

「あらいいじゃない!いかなくったって!」と返ってきた。

無理して学校いって心壊すよりずっといいよ。心が元気になったらまた行く気になるかもしれないし。って。

ずっとお仕事も頑張ってきて出来る人だけど(元の職場での私の評価をきいてるらしい)私がダメだったんだとかママまで疲弊して心壊したらダメだからおいしいものたべて気分転換にでかけなさいよ。

と言ってくれた。

近所で噂されるようだと居心地が悪いので、打ち明け相談して時には頼るスタイルで行こうと思う。

6/3

学校から遠足のお知らせとプール授業は参加するかのお手紙をもらっていた。

遠足どうする?ときくと「いく!」と即答。

でもそのあとは「でも一人で行くのかぁ」「時間長いしなぁ」「不安だなぁ」とネガティブワードが続く。

「ママが一緒だったら大丈夫なんだけど、ママが遠足一緒に来てたら変だよね」と言い、

好きなドラマで使われていた電車に乗れることも楽しみだし、かなり葛藤している様子。

先生に相談してみよう。

プールの授業はどうする?ときくと

「それは無理かも」というのでプール好きなのに何で?ときくと

地獄のシャワーがあるからとか言っていたけど、本当の理由は「自分の好きなように泳げないから」だった。

家族といくプールは自分の好きなように泳げるけど授業だとそうはいかないから苦しいらしい。

なるほどねぇ。

集団生活がやっぱりきびしいのかなぁ。

6/4

今日は帰りの会がおわるころに教室へ行ってみる。

遠足行くことにした!といって手紙を先生に渡す。

図工の授業で使う透明な容器(卵のパック、プリンの容器)を持ってきていたので今日は工作をやってみようということになり、兄の授業がおわるまでの1時間工作をやった。

その間に国語のテストを出し、まるつけをしてもらった。

遠足の母の同行については大丈夫だと思うがバスや電車を利用するので移動方法などは学校側で検討してくるとのこと。

6/5

鼻水が大量発生。

調子が悪い。

昼寝をしているなんていつぶり!?その分夜は寝れなかったようで、夜中起きてしまい携帯をみて2時ごろまでおきていた。

久しぶりの深夜。

6/6

昨日から鼻水がでており少し具合が悪そう。

エビリファイも不安が大きい日は1日2錠のんでいたりしたので12日の受診日までもたない!

病院へ電話し、追加で処方してもらうことにした。

一緒に病院へ行き、アレルギーの方の主治医が今日はいたので診察してもらい処方してもらう。

先生にいろいろ最近あったことを話し帰宅。

先生も私だけがくると思っていたからビックリしていたけど、一緒にきてくれてうれしいよ。

おはなしできてよかった。

またきてねと優しく声をかけてもらい満足気だった。

自宅でテストをやっていたので放課後は先生に届けにいった。

今日は具合悪いからと玄関でテストだけ渡して帰ってきた。

今日は兄の誕生日。

自分の誕生日にとても優しくしてもらったので、今回は自分の番とはりきり優しく過ごす(笑)

ご飯をたべにいきスイカゲームをしてちょっと夜更かしして過ごす。

6/7

明日私の実家に帰省することになっているため、お土産を買いに道の駅へいくことにした。

とても人気の道の駅で並ぶことは避けられない。

ただ遊具もあるので行けるかなと思い行ってみる。

道中は携帯をみて過ごす。

ついたがすでにすごい人。すぐに遊具で遊びたくなり直行する。

しばらくして一緒に並ぼうといってみるものの4.50分まつらしい。遊具の所に戻るというのでここにいるから飽きたら来てといって離れる。

30分ほど遊んで戻ってくる。どうしてたか聞いてみると、他の小さい子とお父さんと一緒に遊んでいたとのこと。

本屋によると図鑑の前で立ち止まり、メガロドンがのっている古代生物の図鑑を探す。

コレが欲しい!といい久しぶりに図鑑モードへ。

無事買い物も終わり帰宅するが、もう小学校へ行く時間。そのまま学校へ向かう。

今日は交換ノートの提出と遠足の詳細を決めようと思っていた。

遠足の日どうしたいか聞くと、不安だからママも一緒がいい。電車にはのりたいが、バスはママが一緒に乗れないから駅まで一緒に来るまで行くとのこと。

帰りもみんなはバスで帰ってもらい、自分は駅から1駅分電車にのり駅から車で帰るという。

現地では4.5人のグループになり行動になるが、それは了承してくれた。

13日木曜日。前日は心身外来の受診の日だから不安なことはその先生にも相談しようね。心の先生だからねと伝えている。

6/8

実家へ帰省する日。

昨日の夜なかなか寝れず寝坊。

8時頃に出発。3時間半の道のり。

祖父母に会えるのが楽しみでワクワクしている。

ゲームでお友達とオンラインでつながって通話することは実家帰省中はしないこと。

それをするなら行く意味がないので。

イヤホンを家に置いていき、前日からお友達に明日から2日間はしゃべったりできないからまた来週!

としっかり伝えていた。母から言っておきなよと言ったわけではなかったが、自分で判断して伝えていた。

私の中学の同窓会があり帰省したのだが、母だけ行ってくるね。はOKだった。

帰りは遅いから先寝ててといったが、帰ってくるか心配だったようで、1人だけ寝ずに待っていてくれた。帰ってきたら安心したようですぐに寝た。

6/9

今日は自宅へ帰る日。

いつもなら金曜の夜から泊まっているので1泊少ない滞在。

まだいたいというが、帰らなければならないこともしっかりと受け入れてくれた。

兄と取っ組み合いのケンカになることが少し増えた気がする。

次は夏休みにこれたらいいな。

6/10

朝は9:30に起床。

勉強もすんなりやり、分からない漢字や算数の文章問題は教えて欲しいと言い、一つ一つ納得して進めていく。

いつもはえーとかいやだなーが先だったので今日はかなりスムーズに出来た。

テストを2枚仕上げ、放課後に先生に提出に行く。

学校へ行くと校長先生と教頭先生が昇降口に会いにきてくれて、教室行ってみるか?と言われると

「うん!」といって走って一人で向かった。

教頭先生と一緒に後を追いかけたが、全然追いつかない早さだった。

教室は帰りの会が始まる前のにぎやかな時間だった。

お友達もたくさん声を掛けに来てくれた。

明日遠足のグループ分けをするとのことでした。

最近は夜寝る前に不安になることがあり目を閉じるのが怖いと眠気と戦うことがある。

6/11

今日は遠足の場所の下見に行こうと計画していた。

集合する場所の確認や駐車場など。

しかし今日は10時になっても起きてこないので起こしに行く。

下見に行くから準備して!というとやっぱりみんなとバスでいこうかな。

と言い出した。

下見に行くのが面倒くさいだけかもしれないが、いいチャンスだと思いそうすることにした。

朝は登校班で行くという。

じゃあそれを放課後先生に報告にいこうね。と約束する。

担任の先生にはかなり心を開いた様子。

明日は心身外来の日。

無事行けるか。

6/12

8:30起床

私の所に来る前に顔を洗い薬を塗り、着替えをしていた。

こんなこといつぶりでしょうか。何だ?

良い兆し。

今日の病院受診の(WIFIがつながらない)ためにと買っておいたソフトを実家に帰省したときに

兄弟げんかをして兄がそのソフトを隠してしまい、そのまま帰ってきてしまったため

本当に使いたかった日にないというアクシデントはあるものの

待ち時間を過ごせるアイテムをフルでもち行ってきます。

と思いながらダメ元でポストをみたらソフトが届いてる!

ファインプレー!

無事ソフトを持ちながら病院へ向かいました。

受付を済ませるといつもと違う診察室になると案内される。

それをなかなか受け入れられない。

知らない先生だし嫌だなとマイナスモード。

ヤバイヤバイヤバイ。今日はもう引き返せないよ~。

なんとかゲームをして気持ちを逃がす。

今日はたくさん待つことなく呼ばれる。

診察室に入り,先生と2人で話そうとなったが、ママが部屋を出て行かれるのは嫌だと良い同席することに。

はじめての先生だったが、割と早く心をひらき話し始める。

学校に最近放課後に行き始めたこと。昼夜逆転もなおってきたこと。

薬を飲んだら前よりも落ち着いてきたこと。を報告した。

得意なことは運動。苦手なことはない。

前は国語だったけど家で勉強するようになってわかることが増えてできるようになってきたら、不得意と思わないようになってきた。と言っていた。

何か相談したいことはありますか???の質問には長い沈黙のあと今はない!と答えた。

そこからは本人には待合室で待っていてもらい母と先生と2人で話をした。

エビリファイを飲み始めてから、見違えるようによくなったこと。

普段の生活ができるようになり、指示が通りやすくなってきたことを報告。

学校へは足が向き始めたが、まだ不安が大きいこと。

勉強面でついていけるかが心配と相談した。

以前行った、WISC(ウィスク)の検査だけでなく学習障害の検査も受けてみませんか?とのこと。

読み・書き・計算の3部門も検査。

これもものすごく先になるかもとのことだったが、運良く7月に枠があいておりうけることにした。

苦手なことを把握し、学習のてだてを立てることができる。

次回の予約は2週間後とし、不安が強い時はもう1錠飲めるよう頓服用にエビリファイを処方してもたった。

明日は遠足。登校班でいくというので今日は早くねるよといって早めに就寝。

さてどうなるかな

6/13

朝6時すぎに起床。

起きて早々に登校班はやっぱりむりかも・・・という。

とりあえず薬をのんで力借りよう!といってエビリファイの頓服用をのむ。

しばらくしておちついてきたので着替えと朝ご飯を済ませる。

まだ時間があるのでそれまでYouTubeみてなと伝え、見る。

時間になり声をかけると荷物をもち登校班の集合場所まで走って行った。

久しぶりの登校に嬉しくなる。近所の人も朝見送ってくれた。

元気よく登校班で出発していったが、姿が見えなくなるあたりで1人折り返して戻ってきた。

話を聞いてみるとやっぱりママがいないと心配だという。

ママ遠足のリュック持ってきてないから、急いで取って学校向かうから学校で集合しよう!

とつたえ登校班に戻る。

私はダッシュで家に戻り車で学校へ向かう。

とはいえ歩いて登校班でいった方が早いに決まっている。

学校について昇降口に向かったが、もう教室へ向かっており姿はなかった。

昇降口にいた先生に状況を確認し、駐車場にいるので何かあったら声をかけてほしいといって車に戻る。

しばらくして先生が呼びに来た。

どうやら教室に入る前に不安になり号泣していると。

職員室にいたので話をきくと、ママがくるのが遅いから教室にいったが無理だったこと。バスに一緒にのっていきたいといって号泣していた。

教頭先生に職員室近くの放送室を貸してもらい、ちょっとおちつくように話をした。

バスに一緒にのったら途中リタイアはできないよ。

車で行くことも出来るよ?と話したがバスには乗りたいと言う。

教頭先生にお願いしてバスに同席させてもらうことにした。

バスの中ではテンションMAXの子供たちの奇声が飛び交い、すぐにイヤーマフをしていた。

これ毎日聞いてる先生すご。

全然指示が通らない。男のこたちはやんちゃだ。

反抗期がやってきている子も数人確認した(笑)

この中で学校で一緒にいるのは辛いかな。とも感じた。

遠足のすべてのプログラムに参加し、輪をみだすこともなく、仲良くすごせた。

グループでの活動も楽しめたし、お弁当の時間もお友達とすごせた。

ママも一緒に食べると思っていたけど、一人で頑張ってみる!といってふられた(笑´∀`)

私は先生とご一緒させてもらうことにした。

帰りのバスは疲れたのかイヤーマフをつけて爆睡して学校までもどった。

帰りの会を教室でやるよと言われたが、そこには行かず帰るというので先生方に挨拶をして一足先に帰宅。

がんばったご褒美にマックを食べながらかえった。

今日は本当に大きな一歩ですごく勇気がいることだったと思う。

最初から最後まで参加できたので自信もついたかな。まだ不安は取り除けてないけどこれからもゆっくり見守っていこうと思う。

6/14

朝8時起床。

今日は放課後に先生に会いに行くことにしていた。

交換ノートに昨日の遠足の感想を過剰書きにして書いた。

作文が理想だったが、そのやる気は出ない様子。

バスの中はうるさかったって書いたら?というと

そんなこと書いたら俺がみんなの悪口言うことになるから嫌だといって

ネガティブワードは一切書かなかった。

先生に放課後に届け、遠足行けてよかったねーって話した。

これからは放課後登校を続けるけど、これたら午前中だけとか、給食の付近で行ってみるとか少しずつできたらいいね。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次